夢拒食症が覚めて……

恍惚中の動悸、また夢から覚めて.知らず知らず知らずに、何度も回転し、不眠の惑星に、時間まじめくさるのポタポタは、疲れた鼓動で夢と目が覚めないようにと.

のための愛の夢には、よく夜から冷不汀に驚いて目を覚まして.よく覚えていないのは何回目迷睡からさめて、いつか夢を信じて禅机.瞑想の中で、月光のピアノの曲の夜空から漂ってきて、その意味深なアンダンテ楽章、緩やかに、低下低音を混じて固定アクセントの三连音、まるで恋人間優柔無限の独白、吐いてしまい寂しい幽然の気持ちに未練悲痛感情色.思いが瀋音楽の中には,音がしていて、瀋、低落の気分は目の前の世界、仮想の痛みは心を占めて.

空気の中で梅雨のしたたるの優雅さと静けさを浮かべて、夜と均一の起伏呼吸音、リズムが脈打つている,
強力媚薬.思う日は違う空間が流れて、違う時間が来ると感じている.思うのは1種の痛み、読むは1種の病気です.会いたい会いないの苦痛は心魔間逃げ惑う.ベッドの上に横たわって、目を開いて見つめている白い天井と頂角の装飾紋、縦横qiqiao交わる線、角をはっきり考えて一面のクリアな空間はまるで一つの広くて平坦無私な人、すべてのほこりを全掲げて明るい所に気を使う必要はないが、任何を見て似ていて、思わずを連想する人、人はどうしてそんなに樸訥と鈍感ですか?わざとふりをするのですか?何の予想も、冷たいと嘘になってしまうのか.多くの時のできないことはできないのは1色々な思いで慰めることができますか?

p>寝覚め<時、像は人生の道のひとつの標識、どのみち目立つ往事流し目をする.世事はぼんやりしていて、縁を誘発して生の感情も幾重にも霧のようにだした現実とバーチャルの間、情緒の総ぼんやりしていては不思議なロマンチックで無明の酒に酔う、夢だけの橋を建てよう、現実とバーチャルの快楽を持ち帰り煩わさ全部は空虚な幻で、思わず縺れて1種とぼんやりしていて霧の情景、不眠の心も受けて感染、失意の地盤に襲われ、瀋殿物の悟は本当にすべてのものを?寂しく彷徨う心に,拒食症、孤独は心から目に落ちる.最も深い孤独は、あまり遠く離人ではなく、近すぎて.

孤独は生まれつきの春の花の秋月とは関係ない.闇に目をじっと見つめている白い装飾はとても長くて、やっと少し酸、少し疲れて,あくびをしました、自分は寝たいが、ところが、した下まぶた、自分はまだはっきりしていて、根は眠れない.思想決闘決闘、ゆっくりとベッドに座って、いくつかかつて.かつての約束はいつも頭の中で振るの行くことを知らないで、この現実は本当に人の意誌を打ちひしが、今の気にする、本当に無力をつけ、見張りの瀋黙、待つの心は二度とは風雨.黙って起き上がり、静かな窓の前に座って、梅雨のリズムと聞いて、生命中爱の無常.

に縁、禪!生命には縁と真情と同様に、しかし、求めることができない、人の一生は各種の各に出会うかもしれない