夏季の拒食症どんな保健の養生の夏季養生は8大原則に従うべきだ

夏季の養生どれらの方法があって?夏季の天気はひどく暑くて、中医学の方面からとって、精神修養する措置を重視して、これを含むばかりでなく心血管疾患の予防にも、感情面の注意事項.以下は、夏養生は食事、運動、睡眠、情緒などが紹介されます.

1 .

1 .気分が拒食症すっきりとしてます

夏暑くて、人もいらだたしいやすい不安、情緒が成長しないように注意し、平気で、気持ちがいい.

P2 .逆タイプ脂肪酸、コレステロール、適量に飽和脂肪酸

を抑えます

は表明を研究して、脂肪の摂り過ぎて、特に飽和脂肪酸が摂取が血トリグリセリド、コレステロールと悪いコレステロール、トランス脂肪酸の摂り過ぎもあがって悪いコレステロール低下、また良いとコレステロールを誘発しやすい動脈粥样硬化、冠状動脈疾患リスク増加;動物コレステロールが不利に心血管.亜リノール酸は、心疾患リスクのリスク、α-リノレン酸とリノール酸も、心臓血管心臓疾患リスクを下げる可能性があります.また、米ぬか油、トウモロコシ油、豆類、ナッツ類の植物ステロールも、心臓血管疾患リスクを下げることができます.

提案:なるべく避け脂身、クリーム;少なく含有マーガリンのお菓子、含有ショートニングのクッキーや揚げ油煎食べ物、コントロールの動物の内臓、数の子、イカ、イカなどはコレステロールに富んで食品の摂取、調理油、ココナッツ油、パーム油で少なく、ラード油、トウモロコシなど、適切に選択オイル、オリーブオイル、米ぬか油などを、毎日オイルコントロール25~30グラム、蒸して、煮て、煮込み、とろ火煮、和えなどの調理方法を制御して油の使用.また、提案は毎週少なくともを二度魚(例えばイワシ)、毎回3~42(菜食の人は亜麻仁油とナッツ食べて摂取α-リノレン酸);健康成年毎日食べて30~50グラム大豆やナッツ類、条件を5グラム(1小把)無塩ナッツ(例えば核桃)が代わりに一部の大豆.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です