せきどう貝母と一緒にどれらの拒食症食材を出しますか?

貝母、甘性味の苦しみ、肌寒い;帰肺、心経;質潤泄散、降では食療の効用は熱を下げ、痰を取り除き、肺を潤すことを結んで、散散らす効果;主治医虚労咳、肺熱乾燥し咳をして、肺痈吐膿症、瘰癧結核,拒食症、乳痈、瘡腫.

p> <いち、貝母とツリガネソウ、麦冬、生と同じに使うことができて、去痰養陰肺を潤すことに適して咳を止めて、久しく咳貧血状態肺の乾燥している者;と似合う熱い咳適チモ.

に、貝母とオウゴン、ビワ葉などが似合う、熱を下げて痰咳止め、痰咳者に適して暑い.

さん、痰鬱結なら火はとゲンジン、カキなど実用、助ソフト堅散結び目の力.

4、解毒効果が増加する効用は、タンポポ、レンギョウ、スイカズラなどが似合うということです.

p> <ご,貝母とシドニー、氷砂糖或いは蜂蜜と食が、その痰咳を止めて、肺を潤すこと養陰の効果がさらに明らかにので、氷砂糖は涼性、蜂蜜のもともと肺を潤すことの作用.また、もと赤梨、チガヤ似合う.

P6、慢性気管支炎、気管支喘息.発作をことができる前にセンバイモ+オオヤモリ+西洋にんじんを詰めてカプセルは粉予防効果.

ななしち、もしくはりんごりんごをトップ、りんごを掘って心を入れ、貝母,氷砂糖、水を煮、熟している後に一緒に飲む.

はち、貝母は直接取り粉白湯で送って着.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です