消化不良でどうしようろく大助養拒食症妙方消化

今の美食の品種が増えて、多くの美食愛好家たちを防ぎ止めることができないこれらの美食の誘惑ので、よく食べやすくなって.これは胃腸に負担がかかり、消化不良になり.そんなに消化不良で何を食べていいか知ってる?消化不良を知っているかどうかを知りますか?今日小編みんなに推薦するいくつかの消化を助けるの食療の妙方、一緒にでしょう!

p1、サンザシ麦芽茶

材料:サンザシさんじゅうグラム、生麦芽じゅうごグラム、生谷芽じゅうごグラム、陳皮ろくグラム.

まず1時間、3時間、3時間、2~3碗、お茶の水、消化を助けることができます、消化を助けることができます.

サンザシは薬用効果、それ性味の甘緩い、酸、鹿を化、血行をよくすることは痰を取り除き、血行をよくすること化淤の効用.飲食については多すぎて、食べた後に感じて満腹の人を食べた、サンザシを緩和できる、胸腹部膨満風.

2、リンゴナシ赤身のスープ

材料:リンゴ、梨さんに個、トロロイモ15 – 30グラム、南杏じゅうごグラム、北杏じゅうグラム、赤身適量.

りんごと梨を切り,他の材料としてスープを煮ても.

リンゴのナシの赤身のスープは胃腸にうごめいて蠕動
拒食症、消化を助けることを促進します.食べすぎて体に大きな疾病に危害を加えることができて,注意して、食べて大きいことを食べて大きい、食べすぎると五大疾病を支えます.食事は適量に、食べても気をつけて.食べすぎて心身を避けるために膨れて痛感が生じたりして、私達を適当にお茶を飲むいくつかは消化を助ける、不快感を緩和する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です