妊婦の拒食症レシピは妊娠する第7個の月の栄養のレシピ

孕婦は第7個の月で妊娠する末期に属し、妊娠末期の胎児の成長は速くなった.胎児の成長に伴って、妊婦は胃腸の容積が減って、だから、妊婦は多く食事にして少なく食べなければならない.この期間、食事の多様化、栄養素の出所、栄養の供給を保証する.以下の妊娠第7ヶ月の栄養のレシピを紹介します:

p1、譜のトースト

原料:パン、純魚の各150グラム、卵1匹、ラード150グラム、みりん.デンプン、塩、味の素、ネギ、生姜の少し.

パンは皮になり、厚手4~5ミリの片44個、魚肉を泥にする、卵白、ネギ、ショウガ、酒、味の素と一緒に混ぜる.良い魚をピューレと4つにして、良いパンには、刀で平.豚鍋を塗る五割暑い時、魚を入れてトースト揚げから揚げ、黄色の後鍋.カードをはち小さく盤に加えながら甘味噌(甘味噌少量の水、砂糖、箸かき混ぜるのが均等で、にご分蒸らすに加え、ごま油).

P特徴:柔らかい香り、おいしい、妊娠中の女性の食欲を増加することができます.

に、醤油煮込み兎肉

原料:兎肉(骨付き)せんグラム、ネギにじゅうグラム、姜じゅうごグラム、砂糖ごグラム、焼酎じゅうグラム、ニンニクの莖と葉ごグラム、桂皮0 . 5グラム、胡椒の粉を0 . 5グラム、八角0 . 5グラム、味の素いちグラム、落花生油ひゃくグラム.

を洗浄方法:ウサギに血泡になって、切ってさんセンチ四方のブロックを入れて,清水の鍋で煮た後に取り出して再洗浄いち度.ネギ、ニンニクの莖と葉姜拍松角切り、みじん切りにして.素焼きの鍋に油を入れ火、熱、兎肉塊炒る水分を入れ、焼酎、しょう油、塩、ネギ、ショウガ、砂糖、シナモン、八角とお湯(しみこん平肉塊)と共に沸かし、まであくを取り、蓋を、最近小さな火から兎肉熟れた時、更に盛んに火が濃いジュースを拾いにスープ、ネギ、ショウガ、八角、シナモンなどを入れて、化学調味料、ニンニクの莖と葉の末、撒上少し胡椒の粉から鍋で.

「特徴:p>の色は鮮やかで、兎肉熟れて、新鮮な香りが濃く,拒食症、栄養素、肥はねばねばしないで、痩せて不硬
.

さん、春のタケノコ焼き兎

原料:生兎肉5グラム、葱段にじゅうグラム、姜にじゅうグラム、純タケノコ500グラム、醤油にじゅうグラム、豆瓣ごじゅうグラム、水きな粉ごじゅうグラム、肉汁せんグラム、味の素いちグラム、塩のグラム、落花生油ろくじゅうグラム.

方法:ウサギをきれいに洗って、さんセンチ四方の塊に切る.春のタケノコ切り乱切り.強火素焼きの鍋を入れ、落花生油焼き~6成熟し、兎肉塊炒る水分、更に豆瓣同で炒め、から油が赤い時下醤油、塩、ネギ、ショウガ、肉汁一緒に蒸し、約さんじゅう分後加入タケノコ.待兎肉とろ火で柔らかく時まで味の素を入れ、きな粉、収めて濃汁鍋が起きます.

の特徴:色赤緑、肉のでんぷん味鲜.

もし、妊婦が下肢むくん現象が現れて、食事時に塩多くの料理と食べ物をくわえて.すぎるための食塩が水分は体内での滯留など,むくみ、心臓と腎臓の負担を増加.<>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です