風邪は何を食べて良い速い5種類の拒食症治療を治療するのは風邪をよくします

寒い人体体がもっともろくて弱くて、温度の湿度朝晩の差が大きいので、かぜをひきやすい体質を増強し、治療の風邪はまず、風邪の予防に離れて菌の最も重要な任務を、次は私が皆をいくつかはおいしくても風邪の予防によると風邪のスープ

1、ビャクシ香菜香菜魚頭スープ

材料:カラビャクシじゅうグラム(漢方薬店に売って)、香菜30グラム、魚の頭、豚トロのいちひゃくグラム、生姜ご片.

それぞれの物は洗って、魚頭は鰓の半分に切って、ブタ肉の脂身は薄切りに切る.先にカラビャクシを入れて煮る内1500 ml瓦水(ろく碗の量)滚沸じゅう分,拒食症、ろ過出薬液内釜、そしての下に姜滚沸の後で,魚の頭,豚トロたぎって、火、香菜と食塩が.この量は34人に供給できる.

効果:漢方薬のカラビャクシを解表薬、その性の暖かい味のシン、具風を取り除く乾燥し、排膿痛みの成果、よく使って、風邪を引いて頭痛、鼻づまり、眉棱骨痛など.その辛噴鼻リットル集、特に強い鎮痛感化をよく分かる.配を受け取る汗の芜荽たぎって魚の頭、辛噴鼻気に入ることができて、駆熱集熱、風邪初から、鼻渊調子が悪くて、流涕と風の熱い風邪とても効き目がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です