男は寝て体が丈夫拒食症に午睡

男は女を食べて寝てと言われても、眠りにはならず,睡眠は男性にとって重要ではない.女性にとっては、男性よりも品質、もっと、子どもの昼寝を重視する.子午覚は日々の子、お昼の時間寝て、その主要な原則は子の刻に寝て、昼ごろの小憩.漢方医の理論は、子と昼も陰陽の交替の時も、これを合人体陰や合陽の時に養陰と陽を養います,もしこの時間帯は熟睡人に対して体にいい.子育ては遅くじゅういち時午前いち時、鬼気盛り、陽衰えの時.陽陽ができる限り臥、この時間休憩睡眠効果は最高だ、睡眠質量も最高だ、という効果が最大になる.昼は昼じゅういち時から午後いち時で、この時の陽の息の盛り、鬼気衰弱し、鬼気尽くしは眠るなので、お昼も寝るべき.しかし、陽シン通常仕事効率最高なので、昼休み休止が中心で、半時間でさえすれば.昼寝時間が長すぎて、人体生物の時計が撹乱,拒食症、夜睡眠に影響します.中国の漢方医の科学院の西苑病院の老年病センター李跃华教授によると、女性は男性に比べて、仕事の圧力はもっと大きくて、特に知力労働者で、いつも時間通りに眠る夜に注意して、夜の生活が多すぎて、多くのチャンスを逃しては昼寝に寝て、きわめて容易発生睡眠障害、体力や知力の回復に役立たないで、次第にさせる人、亜健康状態の健康被害を大きく.そこで男性の多く寝ている昼寝を提案し、同時に以下の何時:寝た時の天気は熱くも注意して保温に注意します.吹き抜ける風の通路休みないで.寝る前にはあまりに脂っこいものを食べないほうがいいので、血液の粘る稠密さが
.お昼寝はあまりにも気軽に、座っていないで、テーブルの上で寝て寝て、さもなくば頭部血流に影響して、人に目が覚めてから眩暈.応平卧や横向き.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です