「移植の拒食症優先順位」は、立法によって「移植の優先順位」とする

臓器提供は,国民の人にとっては珍しい名詞ではないが、実際署名して同意本者者は総人口百分の1割を占めている.財団法人器官移植登録センター寄付以外に続いて宣伝も、今(2013)年始提案提案衛生署器寄付者本人と家族が未来で臓器移植に並ぶことができて、比較的に優先順位が、衛生部はこの方面に関わる福祉より広い、経た裁判所は立修法を宜.

同センター1部の世論調査では、回答者はほとんどすべての人はすべて聞いた臓器提供、しかもガンダムたく67.3%寄付器官で、このうち81 . 9%機会が同意書にサインしたいが、実は今同意書を締結者23万人の数は年々増えているが、総人口に占める割合わずか1%.

「時を推進する必要が宣伝誘因立法
登録センター側冠雅委員は,委託世論調査の単位に対しては、調査結果を偽議題の解釈は、臓器提供に道徳の正当性を、みんな不便反対したが,拒食症、代表しないで民衆が本当に署名の同意書.引き金を増加して、登録し卫福中心部真似献血者は輸血必要時以降は優先的なやり方は、器を寄付者と家族の臓器移植を必要な時以降も、その移植を向上できる名簿の中の優先順位.

は今人体器官移植条例及び施行細則に臓器移植受贈者选択基準を考慮医学専門とは、考え受贈者の権益を両立するも、全体の臓器移植患者の権利、もし臓器提供を変えるかどうかが移植リストで顺番可能レベルは比較的にする広い.卫福部医事コード体係李伟强局長は、既に考えに対し臓器提供までが同意した二つの家族間の臓器移植は、その移植の優先順位を調整できるが、この提案は行政の命令で注文のため、裁判所を通して修理して推進法の道立.

Pは、臓器寄付が実際に入って行動の段階に入っている段階で、時間を準備していますと述べた.今病院で臓器提供をする時、すでに民衆の印象に注意して、できるだけ外観の完備を維持して、できないことができないの過程を見ます
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です