海外へ移入マ拒食症ラリア症例が流行し防蚊地区

は先日ナイジェリア1名の入国の疑いで台灣旅客エボラ熱ウイルス感染後は排除された事件が起き、台灣民衆はしばらく緊張が、人数を見ると、同じように風邪の症状暗闇から牛マラリア、今(2014年以来、入国台灣)じゅうご人を含めて、現在はエボラ熱感染地域の西アフリカの国もあるので恐れがマラリアエボラ熱も忘れないようにまた蚊に刺され、伝染病のマラリア.

疾管署の発表今(2014)年じゅう月時点じゅうさん日まで、累計じゅうご例マラリア感染源海外移入例、それぞれブルキナファソさん例、コートジボワール、马拉威、ナイジェリアやインド各に例として、肯亚、衣索ビヤ、加彭や迦纳各いち例中、国へバッグ人上記流行地域の旅行や仕事、あるいは上記国の交換学生.疾管署へ呼びかけ、民衆マラリア流行地区商売や旅行、または外国の友達に帰省するときは、慎防虫刺されて、外出する時できるだけ長袖長ズボンを塗り衛生福祉部の核が防蚊薬剤を強化し、個人防蚊措置を避けるために、マラリア感染.

私は中国の現在、マラリア根引き地区、数十年に毎年平均10~30例の海外シフトイン症例が来て、数十年に毎年平均約10~30例.我が国の非マラリア流行地区、惟台南市、高雄市、屏東県、台東県及び花蓮県などご県計29町が伝播マラリアの低くて小さいハマダラカ分布も、機会が本土の発生防止、民衆に注意しなければならない.世界保健機関の見積もりでは、全世界には毎年数2 . 07億人口マラリア感染ガンダム、死亡者数は約62.7万人,拒食症、主にアフリカ児童.最も深刻な流行地区はアフリカサハラ砂漠は南、東南アジア、大洋州と中南アメリカ州など.

マラリアは感染を刺してマラリア原虫のハマダラカ人類の疾病伝染し、その间日マラリアや卵型マラリア原虫2種が肝臓内に潜むは数カ月から数年ぶり.多くの人に感染し、症状にななしち日~さんじゅう日以内に現れ、初期症状と普通の風邪に類似して、主に熱もあるが、筋肉痛、関節の痛み、吐き気,嘔吐や疲れなどの症状がない場合は、適切な治療を受け、数日後に現れる間欠性や週期性の身震い(ですや震え)、熱や汗などの症状につながる可能性は、深刻な者脾肿大、黄疸、ショック、肝臓の腎臓の衰弱して、肺水腫、急性脳病変や昏睡.

疾管署へ呼びかけ、民衆若欲マラリア流行地区、必要ができ防蚊措置を避けるために、蚊に刺さ.出国の1カ月前に,まず国内旅行へ医学外来評価感染リスクを依医師の予防薬服用マラリア、旅行期間や帰国後、発熱、冷えなどが断続的疑似マラリア症状の時に速やかに通いつめて医師、同時に観光史やマラリア予防薬は飲む、診断と治療の参考に供、自身や家族の健康を保障.を参照してください疾管署やマラリア別刷りかける国内無料防疫専用線1922(または0800-001922)問い合わせる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です