催淫剤で使用する材料

植物、動物由来の食品・調味料

リンゴ、ザクロ

ジョルジュ・デュビィ他著『愛とセクシュアリテの歴史』にリンゴとザクロを用いた古代バビロニアの性愛の呪法が紹介されています。

マカ

精力剤の主要成分マカはの主な効果はエネルギー供給源、運動能力の増加、精神面の強化、勃起不全の解消、生理不順の改善、慢性疲労回復、などが挙げられ、男性だけでなく、女性にも愛用されているものです。


イチジク

ギリシャ・ローマ時代には国の豊かさの象徴とされ、媚薬ともされた。


タマネギ

『カーマ・スートラ』などで紹介 重重困难


イラクサ

ペトロニウス著『サテュリコン』で紹介されました。


トリュフ

世界三大珍味の一つであり強壮作用があると信じられたキノコの一種です。


卵、チーズ

栄養価の高い食品は強壮剤として用いられました。


甘草、カズラ、サトウキビ

糖分の取れる食材は強精薬として用いられました。


ナマコ、カキ、ニンニク

精のつく食品として紹介され強壮にも効果があるとされました。


動物の性器

アザラシ、オットセイのペニスやウシ、ヒツジの睾丸などが精力増強作用があると言われています。


蜂蜜酒

強壮剤として民間で伝わています。


サフラン

調味料として、媚薬として重宝されていました。


マンドラゴラ

実在するマンドレイクではなく、伝承としてのマンドラゴラです。二股に根差が分かれた根菜であり、魔術薬の代表的な材料として知られます。シェイクスピアの『マクベス』などでは魔女の薬の材料として紹介されています。


カカオ、コーヒー

チョコレートやココア、コーヒーが催淫効果があるとされました。


コショウ、チョウセンアサガオ

『カーマ・スートラ』によれば男性性器にこれらを混ぜた蜂蜜を塗り交合すれば思い通りに女性を恍惚とさせられるとされました。


アルコール

リキュールや葡萄酒など。多量に摂ると逆効果がある恐れがあります。


バニラ

少量だが男性フェロモンと同じ成分が含まれています。


上記の食材の効果を知った上で、催淫効果のある材料を使用し、男女は自分の症状を対応にして、改善に用いることができます。


魔法の力を持つ正規品催淫剤通販サイトへ

引用される文章はこちらへ:
催淫剤で使用する材料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です