憶_拒食症に

Pは、昔から思い出を思いだす,拒食症、思い出にも何の意味もない、ただ自分がたまに思い出すのが好き……

Pは、秋には孤独、最高の歳月、最も美しい春、時間の海で少しずつの思い出、ほんの少しずつである……

昨日は

過去、明日のためにひっきりなしに走り回って,穏やかな気持ちで事細かに品が歩いた歳月、重い仕事、毎日私に歩いてきて、かつて一人の仕事は3日、午前八時から夜10時まで、どんどん忙しくて病人に診断点滴……

「pは生活が開眼、悟は一種独特の思考だという.自分だけがその事件を経験した思想を悟ることができ、悟りに生命の本質は、心からの思惟を獲得し、それによって生活の質感,質感は物質の追求、そして精神の感触を高め、精神の認識として、すべての楽しくありませんて、すべての矛盾、瞬間に頭の中に消えて、下ろすすべての思い出が、生きているのは1種の幸福……

は水の時は慌しくて、なんとなく記憶は心の奥には触れていない.以前の記憶は、1、忙しい生活のリズムにおいて何の波、波瀾、心の心には何の波、心にも、私は無限に回想している……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です