赤ちゃんの旅行記

種の赤ちゃんの旅行記

の種の赤ちゃんの旅行記

もう春が来た、雪も溶けて、若木も発芽、成長してきました.赤ちゃんが出てくる赤ちゃんが出て、種の赤ちゃんが目の前の世界を眺めて、あなたは何を見ることができて、

種の赤ちゃんが生まれる時、すべて誰がそれが彼の母が知らないことを知らないで.すると、小さい種子はお母さんに探すことを決めて.

私はあなたのお母さん、私はあなたのお母さん、私の子供はすべて私の頭にはいませんと答えた.ほら!」小さな種を歩いても歩いて、それを見た鳯仙花に聞きます:“あなたは私のお母さんですか?」鳯仙花は言います:“私はあなたのお母さん、お母さんは成長して島の上の.」すると、種の赤ちゃんはまた小島のあちらへ向かって歩いて行く.ふと、目の前に一本の木が見えて、それはあなたは私のお母さんか?その樹は子供、あなたはもう成長したと言いました.君はついに1本のヤシの木になりました.あなたの“頭”はすでに1つの小さい赤ちゃんが出ました.」お母さんというのは、赤ちゃんに驚いた!」

元に、種の赤ちゃんはこの何日お母さんの時間を探して、すべてだんだん大きくなってきます.最後には1本のすくすくと、太くなったヤシの樹になりました.その赤ちゃんたちにも旅行に行きました、本ばかりで育った椰子の木をしており、自分の子供に自分を待って、自分が老いたまで、それはやっとだんだん失って、楽しみにして自分の子供にの自信.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です