について晏子楚の二学年の想像させる

晏子楚の作文についてさせる

時間:春秋の末期

お酒は楚国、酒席には

人物:楚(楚の大王)

晏子(斉の使者)

武士は武士の兵士であると

大臣(楚の衆大臣)

囚人(窃盗罪を犯した有名人)

「酒席に、しきりに杯晏子楚に、晏子返杯する.正当楚と大臣食べる嬉しいとき、二つの武士押着の囚人、堂の中歩いた.楚王を見ました.

楚(高声たら二人の侍)その囚人が犯した罪は何ですか?彼はどこ人ですか.

武士を犯した窃盗罪は有名人

楚(にこにこ、を向く晏子)人はどうしてこんなに斉だらしなく、こんなことをするのか?(楚旨い物に砂、一物は腹に荷物は背に)

【衆大臣たちは聞いて、得意満面に笑うと、ようやく顔を見晏子恥させ、彼はまた何か話.

晏子(顔色ひとつ変えない立ち上がり)大王はどのように知らないわ?淮南のみかん、また大きいまた甘い.しかし橘樹種から淮北だけ結び目は小さい苦いキコクではなく、水と土が違うのですか?同じ理屈で斉斉人暮らしで、しっかり働いて、楚国になると、始める盗賊が来たのかも知れないが、両国の風土が違うんだろう.(楚国にいて暗示、楚の社会風潮がよくないため、善人になって盗賊).

楚(無比ばつが悪くて、謝るほかなくて)と思った医者とは思わなかったから、反大夫をからかった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です