拒食症は心因性の病気

拒食症はなり始めはほとんど自覚症状がありません。という意味は拒食症は自分が意識することはできません。ある人は拒食症になりたい、これはダイエットを目的として痩せる願望があるということです。拒食症になると自然と体重が落ちます。
したがってを他人から「本当に痩せたね」と指摘されたことによって、自分の達成感が満たされて、さらに拒食が重度化していく傾向にあります。これは典型的な拒食症です。
さらに、拒食症はひどくなっていくものです。食べようとしても体が食べ物を受け付けなくなってしまいます。自分だけではコントロールできなくなります。また、拒食症の人は常に元気に動き回っていることが多いです。
最初はダイエットのためという気持ちでほんの少しの食事ですませたり、カロリーの低い野菜やコンニャクだけを食べるようになります。とくに脂肪を多く含む食物や炭水化物を避けるようになります。

次第に一日一食で済ませるようなこともよくあるようになり、親が心配して口を挟むと「食べた」と嘘をついたりもします。そのうち空腹感に慣れてたくさん食べることができなくなってしまいます。

したがって心因性の拒食症になってしまいます。拒食症によって体が栄養不良の状態になるとさまざまな症状が現れてきす。頭髪の脱毛や脈拍が遅くなったり、低体温、低血圧、貧血などが多く見られる症状ですが、これらは活動に支障があるほどではないので自覚症状とは言い切れません。