拒食症は心の病気

痩せている女性が美しい」という現代社会の風潮が若い女性を拒食症に導いている原因のひとつに挙げられます。若い女性が太りたくないのは当たり前。事実、思春期から20代の女性を対象にしたアンケートを取ると、95%以上の人が1度はダイエットの経験があるのです。その中には肥満どころか標準体重以下の人も含まれています。
ほとんど食べず、極端に痩せて骨と皮だけのような状態になって栄養不良が続き、いろいろな障害を起こします。中でも筋肉を 動かすのに必要な栄養素「カリウム」が不足すると、疲労を感じやすくなり、手足の脱力感などの症状を起こします。心筋細胞までもが低下し、不整脈を起こし、重症の場合は心不全を起こして突然死に至ることもあるのです。
拒食症の行動
拒食症は自分では異常だと気付きにくい病気です。
本人も初めは拒食を隠したりするので、周囲の人見も気付かないことがよくありますが経過とともにその症状は明らかになっていきます。
これから述べる項目は一様でなく人によって異なります。
拒食症に見られる行動すべてを言葉にするのは困難なので、ここではその代表的な例を使って説明していくことにしましょう。
少食・偏食
最初はダイエットのためという気持ちでほんの少しの食事ですませたり、カロリーの低い野菜やコンニャクだけを食べるようになります。とくに脂肪を多く含む食物や炭水化物を避けるようになります。
次第に一日一食で済ませるようなこともよくあるようになり、親が心配して口を挟むと「食べた」と嘘をついたりもします。そのうち空腹感に慣れてたくさん食べることができなくなってしまいます。
過食
拒食症は心の病気ですから、ストレスとも深いかかわりがあります。
拒食の状態がしばらく続くと次に強烈な勢いで食べつづける過食の時期がやってきます。周囲に隠れて食物を口に運ぶこともあります。
ひととおり食べ終わった後、痩せたいと思う気持ちが蘇り自己嫌悪に陥ります。
過食は拒食症の人の約半数におこり、中にはそのまま過食症に転向してしまう場合もあります。
食物への執着
食べることを抑制する反面、食物に非常に強い関心を持ってしまうこともよくあるのです。
食物を大量に買い込んでしまっておいたり、持ち歩いたりする人もいます。
食品に含まれる栄養量、調理法などの情報に詳しいことも多く、料理を作る人も少なくありません。しかしそれを自分で食べることはなく、友人や家族に勧め、食べさせることで自分を満足させる様です。

レビトラは勃起を促進するのではなく、男性性機能の障害を改善し、正常の勃起を促し、自然の刺激で勃起するということです。